兵庫県公立高校の入試英語過去問題集をやってみた

今月の英語勉強予定が最後になって体調不良でグダッたため、高校入試の過去問をやってみることにしました。

ここで調子に乗って私立の難関高校の問題を選ぼうと思ったんですが、先日ヤフーニュースで鉄緑会なる東大合格者御用達の塾のニュースを見て、数学と英語は高校3年までを中学3年までに終わらせるというのを見て、直接関係はないものの難関高校は中学レベルの英語じゃないと想像し止めておきました。

style.nikkei.com

数学と英語を中学3年間で一通り終わらせるって……。

兵庫県公立高校英語過去問題集をやってみた

気を取り直し、基本的な中学レベルの英語力を測るには公立高校の英語問題が良いだろうということで公立高校の入試過去問題集を購入。僕は大阪なんですが、なぜか大阪が無いのでお隣の兵庫の問題を購入しました。

まずはやってみたのが平成21年度の問題ですが、結果的に72点でした。

当時の平均点がわからないので何とも言えないですけど、点数的に言えば3~4番手ぐらいの高校なら余裕という感じの点数ですかね。トップ高校はやっぱり最低限85%以上取るぐらいな気がしますしね。

あと解くのが遅くて正直言ってラストの大問題2つは適当。時間配分を考えてペースを上げれば9割目指すことは可能な気がします。

単語も全て理解できる、もしくは理解できないものは日本語訳が書いてありました。リスニングはかなりゆっくりでしたし、そこも余裕でした。

8年分あるので、あと2週間ぐらいで9割目指そうと思います。

公立高校受験英語対策はわりと簡単?

まだ1年分、しかも兵庫県の分しか解いていないので、一概には言えませんが基本的な単語の暗記、あとはMr.Evineの英文法テキストと中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすくを一通りやれば公立高校の英語は十分戦えるレベルに上がるようです。

ここから過去問や予想問題集などをやれば8割、9割目指すのは容易な気がします。

ま、一応20年前に大学まで行っているので、簡単な気がするだけで現役中学生にはキツイかもしれませんが、それでも変に難しい参考書をやるより、上記の簡単なテキストでやる方が良いと思います。

難関私立高校と公立高校ではこの時点で差が凄いある?

今中学生向けの単語集をやっているんですが、そこで問われるような中学生にしては難しい単語は全く出ていませんでした。ということは、この時点で単語力では難関私立高校と公立高校ではかなり差があるんだろうなと感じました。

僕が気にすることではないですけど、上に書いた鉄緑会の話にあるように難関私学の子は中学3年でかなりの英語力を付けているんでしょうし、公立高校トップに行ったとしてもかなり高校でも勉強していかないと国立の上位大学は厳しいんでしょうね。

そう考えると中学受験して私立の上位中高に入って早めに勉強しておくってのが、トップ大学への早道というのはよく理解できる気がします。

高校で追い上げるより、中学から平均的に努力するほうが楽ですもんね。

現役当時は中学受験なんて、友達と離れ離れになって可愛そうぐらいにしか考えてなかったんですが、キャリアというか上位大学に入れることを目的とするなら多いにありな選択肢と理解できました。