中学英語を一通りやった後の勉強法に悩む

NHK語学講座の4月からのテキストが販売されましたね。

僕としてはメイン視聴している基礎英語2、3のパートナーが同じなので一安心。wikipediaを見ると3年ぐらいで講師、パートナーともに切り替わっているようなので、今年は2年目だし大丈夫だろうと思っていたんですけどね。

基礎英語2のクリス&サマンサさんのフリートークというか掛け合いみたいな部分を彼らがパートナーの間に聞き取れるようになりたいなと思っています。

中学英語を勉強した次は何をやるか?

さて、本題ですが中学英語に関して一通りのテキストをこなしてきて、公立高校の受験問題をやりました。で、8割ぐらいの得点が取れるレベルにきました。

もちろん、8割なんて情けない!さぁ、もう一度中学英語を復習だ!というのがベストなんでしょうけど、英文法って高校1年生で項目としては終わるというのを目にしました。なら、高校の基礎レベルまでやってしまってから中学英語を復習するのもありかなと思い、信頼しているMr.Evineの高校基礎レベルまでのテキストを購入。

早速やってみると、

わからん!
これ無理!

ということがわかりました。

何がわからないのかというと、単語が分らない!問題が難しい!あの易しかったMr.Evineはどこへ?という感じで、知らない単語がバンバン出てくるし、各単元の問題も難しい。これは今の実力(公立高校入試で8割レベル)では無理と判明しました。

わからない単語が多いとストレス

中学レベルのテキストをやっていた時はほぼ知らない単語は無かったので、やってきたテキストに関してはストレスを感じたことがなかったんですが、高校レベルの単語は覚えていないものが多すぎてめっちゃストレスです。

基礎英語3でパートナーのダニエル・ツミタさんが英語学習はボキャブラリーが大事だといっていたんですが、その時はいや単語より英文法の方が大事じゃない?と思ってたんですよ。

でも、それは自分が中学レベルの基本的な英単語はだいたい覚えていたからで、高校レベルになるとダニエルさんの仰るとおり!と感じました。

英検2級の単語帳を購入したけど

ボキャブラリーを増やすことの大事さがわかったんで、英単語の暗記をやるわけですが、分厚い英単語帳はキツイ。僕はあまり知らないですけどDUO?とかがTOEICも受験もOKなぐらい英単語がぎっちり載っているみたいですけど、これは僕の意思の弱さからいっても時期尚早かなと思っています。なので基礎レベルぐらいの英単語帳が良いなと。

ということで白羽の矢を立てたのが英検2級の単語帳。

英検2級は高校卒業レベルらしいので、これぐらいで良いかと思っていたんですけど、今度は買った単語帳が悪かった。僕は単純に単語の羅列だけ載っている単語帳って苦手なんです。速読英単語のように文章の中で覚える方が良いんです。

まぁでも買ってしまったものは仕方が無いし、とりあえず頑張って暗記したいと思います。

英文法は一億人の英文法を買った

続いて英文法ですが、Mr.Evineのテキストがダメだったので簡単な薄いテキストを買おうかと思ってたんですが、本屋で有名どころの一億人の英文法とForestを立ち読み。どっちもMr.Evineのテキストより良さそうでしたが、話すための英文法というフレーズに惹かれて一億人の英文法を購入しました。

あとは前書きで現役高校生は10日ぐらいで読みなさいと書いてあったのも購入したポイント。短期間で読める内容なら繰り返しの復習もしやすいですからね。

あとがき

Mr.Evineは中学レベルがかなり簡単でわかりやすかったので、高校レベルも簡単に作られていると思ってんたですけど完全に当てが外れてしまいました。

高校レベルは参考書の激戦区なので素直に有名どころを買うべきだったなと反省。Mr.Evineのテキストを学習指導で使っている塾の先生のブログでも、高校レベル以上はあまり評価していないようでしたし買うべきじゃなかったなぁ……。(受験レベルでは内容が少ないようです)まぁ、力をつければ問題集としては使えるでしょうし、将来のための投資と考えます。