春名久史氏のTOEIC勉強法を実践してみます

先日よりTOEICの勉強を開始しました。

僕はTOEICを「トエック」と読んでいたのですが、「トーイック」が日本では一般的なようですね。口語では短くして「トイック」もあるのかもしれません。

まぁとにかくTOEICに関してはトエックと呼ぶぐらい馴染みがない僕がTOEICの勉強を始めた理由について書いてみたいと思います。

まずはこちらの本を読んだからですね。

40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法

暇なので地元の本屋さんに行って何気なく英語コーナーを覗いてみたら面白そうなタイトル。

ニートというのは引きつけるフレーズとして使っているだけで、実際は非正規雇用のままで40代になってしまったワーキングプアのオッサンが英語で一発逆転したというお話。

明確には書かれていないのですが、失業手当を貰っている期間の間に集中してTOEICを勉強して一回目の受験で930点を取ったようです。

その勉強期間は何と5週間。それも公式問題集を繰り返すだけというシンプルなやり方。

異端なTOEIC勉強法に心惹かれた理由

僕は英語勉強法のサイトも本も敢えて見ないようにしているのですが、それでもこの本がどちらかというとイロモノ、異端なのはわかります。何しろ「TOEIC900点は難しくない。公式問題集を繰り返すだけでOK」なんて、TOEICを勉強している人、教えている人が聞いたら怒り出しそうな話。

それでも何となく信じてやってみようと思ったのは、僕が英語勉強本として唯一読んだ本との共通点(文法を掘り下げない、英文を理解する上で先に日本語訳を読む)があること。

超音読英語勉強法|著者 野島裕昭の感想 - 【社会人からの英語勉強法】30over-englishのブログ

また、実は英語勉強に関して唯一見ているブログでも、公式問題集をしっかり勉強した方が良いと書かれていたこと。

英語「攻略」★パーフェクトガイド

以上のことからそれなりに信憑性があるのではと思ったのと、著者の春名さんと年齢、境遇とも近いことがあり、共感したこともあります。

実践的な英語力の高い壁

あとは前年度は英語の実践的な力(読める、書ける、聞ける、話せる)を身につけたいと考えつつ、中学英語に取り組みましたが、そうそう実践的な英語力なんて身に付かないというごく当たり前の結論にぶち当たりました。

そんなモチベーションが落ちている状況で目先を変えたいという思いもあります。

そんなこんなでTOEICの勉強を始めたわけです。

初回のTOEIC試験は7月23日第222回

もう既に申し込みも済ませており、公式問題集も新しい方から6冊揃えました。期間は7週間ありますから、春名久史さんの勉強法を実践するには十分時間があります。

春名さんの勉強法に習えば各公式問題集ごとに10回繰り返して臨むべきなんですが、何分意志力の低い僕ですから、そこまでやれるかはわかりません。

ですが、最低限5周ぐらいして受験したいと思います。

NHK英会話による勉強は一時中止

僕の英語勉強のコアというかベースはNHK英会話で今年もおとなの基礎英語や、ラジオの基礎英語2、3をやっていますが、これは一時的に中止してTOEICに全精力を傾けたいと思います。

期間的には次の次のTOEIC試験223回が9月10日なので、そのぐらいまではNHK英会話による勉強はお休みです。

おとなの基礎英語は負荷が小さいので、息抜きに見るつもりですが、ラジオの基礎英語は止めておきます。

最後に

TOEIC試験は合格不合格ではなく点数が出るので、自分がどれぐらいの点数になるのか楽しみですし、目標らしい目標が無かった英語勉強なのでハリも出て来たし、TOEIC受験は良い転換点になるのではと思っています。

まぁ、春名さんのように初回でTOEIC900点オーバー!は無理でも、履歴書に書けるという600点を目指して頑張ってみようと思います。