おとなの基礎英語シーズン6セッション33~48まとめ

今度のオトキソの舞台はロンドン。

ニューヨークには興味がない僕でもロンドンは興味がある。

  • シャーロックホームズの舞台であるベイカー街
  • ありとあらゆるものがあるという大英博物館
  • ロンドンパンク
  • 噂に聞くまずい飯

などロンドンには行ってみたいとは思う。他にも僕は酒飲みなのでパブでビールも飲んでみたい。

でも、日本を極東と呼ぶようにロンドンって僕ら日本からしたら極西。本当に遠いんですよね。

それにもう最近ではパンクな若者も消えちゃったみたいだし、現在のロンドン市長はイスラム系らしいし、20世紀に僕が抱いていたイギリス像は今はもう無くなっているのかも知れませんね。

やっぱり人生で行くことはないだろうなぁ。

www.afpbb.com

f:id:ko-knife:20170923155012j:plain

オトキソシーズン6セッション33~35キーフレーズ

What can I do for you?
ご用件は何でしょうか?

That must be important to you.
それはあなたにとって大切なものに違いない。

What a beautiful garden!
なんと美しい庭なんでしょう!

オトキソシーズン6セッション33~35ひとことフレーズ

Watch out!
気をつけて!

My apologies.
おわび申し上げます。誠に申し訳ありません。
(I'm sorry.よりフォーマルな表現)

Of course!
もちろん!

オトキソシーズン6セッション37~39キーフレーズ

Can you let me off here?
ここで降ろしてもらえますか?

Have we met somewhere?
どこかでお会いしましたか?

What's going on?
何が起こっているの?

オトキソシーズン6セッション37~39ひとことフレーズ

Don't worry.
心配しないで。

It's a pleasure.
光栄です。

Is that you?
あなたなの?

オトキソシーズン6セッション41~43キーフレーズ

Could you move to the right?
右に動いていただけますか?

You've seen a lot of things.
いろいろなものを見ているんですね。

Can you make it half-size?
半分のサイズにしてもらえますか?

オトキソシーズン6セッション41~43ひとことフレーズ

Cut it out!
やめて!いい加減にして!
(Stop it!に置き換え可能)

What a coincidence!
なんという偶然!

Grow up!
子供じゃあるまいし!
(相手が子供っぽいことをしている時に成長してよ!という感じで使う。)

オトキソシーズン6セッション45~47キーフレーズ

Don't get me wrong.
誤解しないでください。

I don't want to trouble you.
ご迷惑をお掛けしたくありません。

Would you care for some hot chocolate?
ホットチョコレートを少しいかがですか?

オトキソシーズン6セッション45~47ひとことフレーズ

Believe me.
私が言うことを信じて。

Don't apologize.
謝らないで。

It'll be all right.
大丈夫だから。
(相手を落ちつかせたり、自分を心配してくれたりしたする際に使う。)